わきが対策には重曹とミョウバンどっちがおすすめ?

ワキガに効果のあるものの中に重曹とみょうばんがあります。
重曹は、食品添加物としても有名ですが、最近でお掃除道具としても注目されています。
また、みょうばんは殺菌作用のある物質で、アク抜きのために食品に使われることもあります。

なすの変色を防止するために使用するなど、重曹とみょうばん見口に入れても安全なほど、大尉に負担にかけないものです。
それらが、わきがに良いと言うのは、意外に知られていないことでしょう。

ワキガは、シャツの脇部分に黄色い汗染みができたり、臭いが自分でも悪臭と感じるものが出たりと厄介なものです。
病気ではなく、体質に過ぎないのですが、臭いが出ることで辟易(へきえき)されている方も多いでしょう。
普段から制汗剤は手放せない、レーザー治療なども勧められている事もありますが、重曹とみょうばんを使用することで、臭いを抑えることができるとされています。

重曹とみょうばんのどちらが良いか?ということでは、是非お勧めしたいのは、使い分けです。
重曹は、入浴剤変わりとして使ってください。
それだけで十分に汚れも落ちます。

みょうばんは、水1500mlに対して焼きミョウバンを50g加えたみょうばん水をペットボトルに作っておきます。
それをまだ水で薄めて、腋に塗ります。
こうすることで、ワキガを防止することができます。
どちらも共通しているのは、殺菌作用があることです。

ですから、ボディーソープ変わりに重曹で体を洗ったりすることで、油汚れもキレイになりますし、すそ(デリケートゾーン)もキレイになります。
また、衣類についたとしても安心ですし、重曹入りのお風呂上りにミョウバン水を使用することで、対策はバッチリです。

しかし、それから汗をかいたり、腋に菌が付着することで、オニオン臭系のワキガになることもありますが、そんな時には作っておいたミョウバン水で腋を拭くこと、臭いを抑えることができるでしょう。

このような民間療法的にワキガ対策は、書き込みや口コミで広まっていますが、薬品を使わず、皮膚科に行くことなく、娘や夫のワキガを傷付けずに治したいという方は、試してみてください。
殺菌ということでいえば酢を入れた酢風呂を試されている方もいらっしゃいますが、風呂中臭いが充満します。
特に重曹入りのお風呂に関しては、そのまま浴槽も掃除ができるという画期的なものです。

ただ頑固なワキガなどに関しては、自分で意識がある場合、手術という解決法もあります。
メスを入れる恐怖もありますが、料金が高いと言った悩みも大きいですが、多汗症という診断があるときは、ワキガの原因であるアポクリン汗腺除去を同時に行うことで、保険適用になる場合があります。
ワキガ手術と言っても手術方法はいろいろですから、医師に相談してみるのも良いでしょう。

また、ワキガの方の汗染みのYシャツなどの洗濯で悩んでいる方も少なくありません。
汗染みの色が濃いことから、洗濯洗剤だけ手は落ちないので、漂白剤を使用することもありますが、この時に気をつけたいのが、酸素系漂白剤を使用しましょう。
塩素系のものを使用すると、綿ポリエステル全滅、色が移ってしまって、服が台無しになってしまいます。